抜けた歯を補うならインプラントを受けましょう

ホワイトニング

治療道具

予防歯科の考え方の浸透

歯はかけがえのないものであり、一度失われしまうと自然の力では再生することができない数少ない器官です。
そのため、今ある歯を大切にする予防歯科の考え方が広まってきています。
家庭でもできる予防の基本が歯磨きであり、歯磨きの励行が昔から行われてきました。
最近ではそれに加えて歯科においても予防的な施術がなされるようになってきています。
歯科ではクリーニングと一言で示されていることが多いですが、プラークコントロール、歯石除去、バイオフィルムの除去、ステインの除去など様々なものが含まれています。
これらは保険適用のものも多く、比較的安いという特徴があり、定期的な歯のメンテナンスに歯科を利用するというのが予防によい考えとして広まっています。

保険適用の有無で大きな価格差があるクリーニング

歯の健康のために予防歯科で施術を受ける場合には費用が発生します。
基本的なクリーニングは保険が適用されるため、500円程度の費用で済むことが一般的です。
しかし、最新の技術を用いて様々な施術を施してもらおうとすると保険適用外となってしまい、費用として2000円程度から10000円程度まで様々な料金になっていきます。
自宅でできる歯磨きはそれに比べると安いものであり、デンタルフロスや歯間ブラシも活用してメンテナンスを行っていればそれほど頻繁に歯科に通う必要はありません。
自分の歯の健康状態を一度診断してもらって、保険適用内のものを定期的に受診するか、保険適用街のものを受ける必要があるかを相談してみると良いでしょう。