抜けた歯を補うならインプラントを受けましょう

ピックアップ

歯茎

八重歯

矯正歯科では、八重歯をはじめすきっ歯、出っ歯などの症状を改善することができます。その他にも、デコボコしてガタガタになっている歯並びを揃えることもできます。噛み合わせのバランスを見ながら矯正が行われています。

詳細を読む

治療中

喫煙

インプラントを受ける際は、施術の1週間前から喫煙と飲酒を控える必要があります。たばこを吸っていると、骨の代謝に悪影響を及ぼし施術がうまくいかない可能性があるためです。

詳細を読む

歯の綺麗な女性

歯周病

歯周病の症状がある場合、インプラントを受けることができません。歯周病の場合、インプラントを行っても寿命が短いことが分かっているからです。歯周病が完治したあとにインプラントの治療が行われます。

詳細を読む

強い噛み合わせを実現

苺と女性

虫歯になるとしっかりした噛み合わせができなくなります。右側に抜けた歯があり空いている状態だと、左側だけで噛んで食事をするようになり、あごの大きさが違ってくることも。
こうした事態を招かないためには、虫歯の治療は早急に行う必要があります。痛かった虫歯が自然に抜けた場合、そのまま放っておく人がいますが、新しい歯を補うようにしましょう。
新しい歯を補う方法として、いくつかの治療法があります。
その中の治療法のひとつであるインプラントは、矯正歯科で受けることができる最新の虫歯治療法です。
抜けた部分のあごの骨に、金具を埋め込み、人口の歯を取り付ける技術です。
あごの骨にしっかりと取り付けることにより、強い噛み合わせが叶います。発声や発音に影響も出ないので、健康な歯のときと変わらない状態になります。
入れ歯の場合は、装着した時にカタカタすることもあり、しっかりしたかみ合わせが出来ないことがあります。また、毎日取り外して手入れしなければなりません。
インプラントは取り外すこと無く、健康な歯と同じように歯磨きでケアができるので、手間がかかりません。

歯科ではインプラントの矯正歯科を実施していますが、この施術を受ける際は長い期間が必要です。
あごの骨に金具を埋めた後、浸透する期間が設けられます。その期間は上あごの場合4~6ヶ月、下あごの場合は2~3ヶ月となっています。
長い期間歯科への通院が必要となるので、きちんと完了させるためにも最後まで根気よく治療を続けましょう。

ピックアップ

治療道具

ホワイトニング

歯科には様々な種類があります。審美歯科をはじめ予防歯科や矯正歯科、小児歯科などです。審美歯科は見た目に綺麗な歯を作るための歯科です。ホワイトニングなどの施術を受けることができます。

詳細を読む

リンゴを噛じる

子ども

幼児歯科は永久歯が生えてくるまでの13歳ごろまでの幼児を対象とした歯科です。正しい噛み合わせの指導や虫歯の予防などを行っています。子どもの健康な歯を育てるために利用しましょう。

詳細を読む

歯磨き

治療

自分の歯を健康に保つためにできる事、虫歯や口内トラブルなどの治療は痛くなる前に始めましょう。歯医者を探す場合は口コミなどの情報サイトを利用すると簡単に見つけることができます。

詳細を読む

オススメリンク

MMデンタルクリニック

インプラントで失敗しないための方法が知りたいと思っている人はサイトの情報を確認してみるといいです。気になる人はここからとなっています。
飯田橋で歯科をお探しなら:オリオン歯科

インプラント治療なび

口内病が原因で歯を失ってしまった人はインプラント治療で歯を取り戻しませんか。ここで紹介されている歯科は人気です。
世田谷で矯正歯科に行くならここがオススメです!;三軒茶屋矯正歯科クリニック

↑ PAGE TOP